2018.11.30

12月におすすめしたい冬の京都旅 ~京都通が選ぶ、師走に絶対行きたい催し5選!~

12月の京都というと、紅葉も終わり、寒くて敬遠されるように思われがちですが、イベントなども多いこの月は、意外と観光客も多く人気があります。そこで今回は、地元の京都通厳選して選んだ師走におすすめしたい、とっておきの京都の愉しみ方5選をご紹介します!

1.一見の価値あり!嵐山花灯路

京都の初冬の風物詩として、この時期外せないのが「嵐山花灯路」。毎年12月に行灯や生け花などを露地に置き、嵐山一帯が光りで彩られます。嵐山から北嵯峨野まで花灯路が幽玄な世界を演出。嵐山駅前や桂川にかかる渡月橋、嵯峨野の竹林など、その幻想的な空間に忙しい日常を忘れ、うっとりと酔いしれること間違いなしです。

※嵐山花灯路 128()17()17002030

(期間中は相当な混雑が予想されます。寒さ対策をしっかりと!)

▶お薦め度

恋  人

★★★★★

友  人

★★★★

ファミリー

★★

お一人さま

★★★

2.心もカラダも大喜び!大根焚き

大根焚きは、元々はお釈迦様が悟りを開いたことを喜び、感謝する行事でしたが、現在では12月に大根を煮たものを参拝者に振舞い、仏前に備える年中行事として有名で、さまざまな寺院で催されています。大根焚きを食べると厄を除け、無病息災のご利益があるとも言われていて人気を集めています。

・千本釈迦堂12/7()12/8() 10:0016:00

・了徳寺12/9()12/10() 9:0016:00

・蛸薬師堂12/31() 10:00(要確認)

他、さまざまな寺院で行っています。それぞれのサイトで確認してみてくださいね。

▶お薦め度

恋  人

★★★

友  人

★★★★

ファミリー

★★★★★

お一人さま

★★★

3.まだ間に合う!知る人ぞ知る穴場スポット、相国寺の特別拝観

京都市上京区にある臨済宗相国寺派の大本山のお寺で、室町幕府の三代将軍、足利義満によって設立されました。日本を代表する禅寺で、現存する法堂は1605年に再建された日本最古の法堂建築として今に伝えています。見どころは、やはりこの法堂と天井の「蟠龍図(ばんりゅうず)」。堂内で手を打つとその反響音が竜の鳴き声に聞こえることから、別名「鳴き龍」とも呼ばれています(※堂内は写真撮影禁止です)。他にも方丈や枯山水庭園、開山塔、天響楼などたくさんの見どころがあります。

拝観できるのは、特別拝観期間のみ!1215()までですので、ぜひお急ぎください!紅葉もまだ間に合いますよ。

▶お薦め度

恋  人

★★★

友  人

★★★★

ファミリー

★★★

お一人さま

★★★★★

4.師走の風物詩といえばこれ!1年を締めくくる京都二大縁日!

京都ではとても有名な二大縁日。毎月21日に弘法大師(空海)ゆかりの東寺で催される「弘法市」と、毎月25日に催される菅原道真公を祀る北野天満宮の「天神市」。どちらもとても人気のある市で、特に12月は一年の締めくくりにそれぞれ「終い弘法」、「終い天神」が催され、今年一年の感謝の気持ちを込めてお参りするとともに新年の招福息災を願うという大切な日でもあり、一年で最も盛り上がる縁日となります。

お正月の迎春用品や骨董品、アンティークの着物など、掘り出しものがたくさん。12001300店舗もの店が並びます。特にアンティーク着物は正絹の良い品が多く、若い女性に大人気。サイズが小さくてもバッグにリメイクしたり、そのままファッションとしてブーツと併せたり、長い手袋をしたり、ベルトをしたりと洋服感覚で楽しむ女性が増えています。

【着物プロのワンポイントアドバイス①:古着の着物選びのポイント】

・できれば羽織って袖を通してみる

・着物のなかを見て(表面だけでなく)、汚れやシミがないかチェックする

▶お薦め度

恋  人

★★

友  人

★★★★

ファミリー

★★★★

お一人さま

★★★★★

5.着物で観劇したい南座!

最後におすすめしたいのが、111日に新開場したばかりの京都四條南座。南座発祥400、新開場記念として22年ぶりの2カ月連続の「吉例顔見世興行」が行われています。12月の公演は、新開場記念にふさわしい新たな世代の顔合わせあり、南座地元ゆかりの四条河原を舞台としたお芝居ありで、1年をしめくるのにぴったりな演目となっています。

ところで、京都の南座では着物で観劇する人がほとんど。観光で訪れたお客さまでも、南座に行くのなら、ぜひ着物レンタルなどでばっちりキメて観劇したいところです。ご友人同士はもちろん、ご夫婦や恋人同士で着物をレンタルして観劇する方々も多いです。洋服で観劇するのとはまた違った愉しさがプラスされますよ!

【着物プロのワンポイントアドバイス②:観劇にふさわしい着物とは】

 

カジュアル感のある小紋より、落ち着いた色合いのお召しや無地着物に染め帯を合わせてはんなりと。品良く着ることで、より洗練された印象になりますよ。観劇後にそのままお食事へ行かれるのも京都ならでは。冬の京都旅の記念に、ぜひ大人着物南座へお出かけくださいね。

▶お薦め度

恋  人

★★★★

友  人

★★★★★

ファミリー

★★

お一人さま

★★★★

 

 

観劇やお食事で着たい着物が見つかる!

着物レンタル&記念撮影はコチラ