2019.01.31

着物のチカラ。~大人女子が京都を選ぶ理由~

 

 

いま日本でいちばん元気だと言われている「大人女子」。いまなぜ「大人女子」なのか、また、そんな大人女子たちに愛されている京都や着物のチカラについてご紹介します!

 

CONTENTS:

1.大人女子とは?

2.女子力と大人女子力、どう違う?

3.大人女子が京都を選ぶ理由

4.大人女子なら絶対着るべき!着物のチカラとは。

5.センスが光る大人女子ならではの着物コーデ

6.まとめ

 

1.大人女子とは?

大人女子」とは、子育ても少し落ち着いて、自分の時間も持てるようになる40代後半~60代くらいまでの女性のことで、まだまだ「オシャレ」も「仕事」も「遊び」も、そしてもちろん「女」をも諦めていません。

バリバリ働いて、ますます自分に磨きをかけ、女性同士で美味しいものを食べたり、旅をしたり、習い事をしたりと人生を謳歌しています。その経済効果は計り知れず、正に「大人女子」たちがいまの日本経済を支えていると言っても過言ではありません。

 

2.女子力と大人女子力、どう違う?

よく「女子力が高い」と言ったりしますが、最近では一定の年齢以上の女性に「大人女子力」を求めることが多くなってきました。単なる「女子力」ではなく、その一歩上を行く大人の「余裕ある魅力」です。具体的に何が違うかをまとめてみました。

このように、「大人女子力」とは、高い女子力を持った上に、さらに余裕ができた状態を言い、「頑張っている感のない」、「さりげないスマートさ」が出せるのが理想の「大人女子」と言えるでしょう。

 

3.大人女子が京都を選ぶ理由

そんな大人女子が好んで行く街の人気ランキングトップが京都。子どもの頃に親や修学旅行などで行った時とはぜんぜん違う「オトナが楽しめる街」それが京都です。古都ならではの落ち着きや安らぎ、多くの神社仏閣は、大人だからこそ理解でき癒されるもの。また、京料理は他では味わえない極上の和食ですからグルメも楽しめますし、京都でしか買えないものもたくさんありますから、ショッピングも堪能できる。正に京都は大人女子の大好物がたくさん詰まった街なのです。

 

4.大人女子なら絶対着るべき!着物のチカラとは。

40歳を過ぎたら、絶対におススメしたいのが着物。着物は女性の外見を華やかに見せてくれるだけでなく、内面の美しさを引き出す要素をたくさん持っています。海外でも着物は「着るアート」と評価され人気がありますが、なんといってもその美しさは日本人が独自に生み出した、日本人の顔立ちや肌の色、体型にぴったりとマッチしている日本人のための衣装です。

そこには着物マジックともいえる、日本人が着ることでその魅力が倍増する「着物のチカラ」があります。ワンピースやスーツを着るよりも、特に大人女子が着物を着ると、気分もシャンとして若い頃のような自信がみなぎり、街行く人々が思わず振り返るほど。嘘だと思ったら、本当かどうかぜひ一度試してみてくださいね。

 

5.センスが光る大人女子ならではの着物コーデ

異性はもちろん、同年代の同性からも一目置かれる、大人女子の着物着こなし術として、いちばんのポイントは「色数を少なくする」ことです。例えば、ワントーンの織りの着物に同系色のフォーマルな帯に雅な帯締めをコーデします。帯締めは全体に占める面積は小さいものの、その果たす役割は極めて大きいものです。いちばん大事なアクセントになりますから、大人女子は特にこだわりをもって帯締めを選びましょう。

京都を歩く大人女子なら、エレガントで媚びないスマートさを演出できるとよいですね。

 

6まとめ

ふと着物を着てみたくなる、そんな時間が大人女子にはあるように思います。今の自分なら着物が似合う、若い頃とは違った魅力が出せる、そう思えたとき、着物は本当にしっくりくるのだと思います。そして京都は、大人女子が着物を着て歩くだけで絵になる街。伝統が織りなす、人と街の融合に、やっぱり着物は欠かせません。大人女子なら、ぜひ着物で京都の街を歩いてくださいね。

 

ブログを読んでくださる皆さまへ。

いつもありがとうございました。この度KIHARU&PHOTOは諸般の事情により平成31年2月23日をもちまして閉店する運びとなりました。苦渋の決断でありますがご理解のほどお願い申し上げます。

KIHARUをご利用頂いた皆さま、これから予定を考えていたという皆さまには突然の閉店のご報告となりますことを深くお詫び申し上げますと共に、皆さまよりご愛顧を頂き心より感謝申し上げます。

たくさんの方々に出逢えたこと、「あの日」がたくさんの思い出となっております。

KIHARUで撮った写真が、どうかこれからも皆様のそばにありますよう願うばかりです。

本当にありがとうございました。

KIHARU&PHOTO