KIHARU BLOG

キハルのブログ

2017.08.30

「京に生きづく手しごと」との出逢い。

金竹堂ーKINTAKEDO☺花かんざし KIHARUでも大変お世話になっている「金竹堂」さん。こちらは幕末の頃から祇園町で芸・舞妓や島原太夫のかんざしの製造販売を営んでおられます。現在は一般女性用の髪飾りを多く取り揃え、手の届くお値段で購入できます。[/caption]...
2017.08.21

フリーマガジン「ハンケイ500m」とのコラボが次号で最終となります。

中身のあるフリーマガジン「ハンケイ500m」との出会い。 昨年11月にOPENしたKIHARUですが、いろんな方々との出会いの中「ハンケイ500m」の編集長をされている女性と出会いました。小柄なのにパワフルでいて可愛らしい。というと「またまたーー❤」と返ってくると思いま...
2017.08.12

8/16(水)五山の送り火には、上品でお洒落な浴衣で

祇園祭に続き、五山送り火の8/16は営業時間延長致します。 夏の夜空に燃え盛る五山送り火は京都の夏の風物詩とも言われています。 点火時刻が20:00から東山の大文字、妙法、舟形、左大文字、鳥居形と順番に点火されていきます。そんな五山送り火に合わせ当日は夕方からのお着付けが...
2017.08.03

改めまして着物レンタル 祇園KIHARU&Photo の紹介をさせて頂きます。

着物レンタル 祗園KIHARU&PHOTOと申します。 昨年11月に祗園にOPENし、8ヶ月が過ぎようとしています。まだまだ皆様に認知して頂くには時間がかかりそうです。家族で経営している小さなお店ですが、お店を作るにあたって一つだけ譲れないコンセプトがありました。 ...
2017.07.29

浴衣の柄に多い「芍薬」今回は花名・花言葉の由来をちょっとだけご紹介します。

浴衣の柄で圧倒的に多い花柄。朝顔に続き多いのは「芍薬」でした。 chinese peony・・・芍薬 春から初夏にかけて大輪の花を咲かせる。牡丹の花とよく似ていますが牡丹が樹木で芍薬は草本なので冬期には地上部が枯れてしまいます。芍薬は牡丹よりもやや小ぶりで重厚な牡丹に比べ...
2017.07.23

今年は「古典柄」の浴衣で過ごすオトナの楽しみ

こっくり深い藍色が魅力的な浴衣 浴衣といえば白地に紺文様のコーマ地を思い出す方も多いと思います。今では多種多様な色地、柄、素材があり浴衣でなければ着れない柄もあります。 そんな中でも、定番の「古典柄」が人気。そんな正統派古典の浴衣の「注染」という技法を取り上げたいと思いま...
2017.07.18

KIHARUと八千代旅館とのコラボ企画が「ぐるなび」から発売しました。

「食」と「文化」のコラボ企画というテーマから生まれた「八千代旅館とKIHARU」 八千代旅館といえば、東に南禅寺、西に平安神宮と古の京文化が息づく東山に佇む「京料理とお庭の宿」旬の食材・季節感を大事に演出され、京料理と湯豆腐で有名な料理旅館です。こちらが「食」  ...
2017.07.13

7月10日から前祭が始まります。KIHARUも15日、16日は営業時間延長します。

お迎え提灯から神幸祭まで 7月10から17日までを前祭といいます。この頃から観光の方も増え、夕刻ともなるとどこからともなく人が行き交う。昨年そんな光景を見ていました。大阪の天神祭とは違い静かなお祭りですが、人で溢れていました。   10日からお迎え提灯を持って...